アクセント http://aksent.co.jp:声優ナレータープロダクション

Home > ナレ—ションコンテスト > 第20回アクセントナレーションコンテスト 審査結果発表

第20回アクセントナレーションコンテスト 審査結果発表


第20回アクセントナレーションコンテストには、665通のご応募がありました。
多数のご応募、ありがとうございました。
今回入賞されたのは下記の皆さんです。

受賞者年齢地域点数

金 賞

該当者なし

 

 

 

銀 賞

該当者なし

 

 

 

(¥30,000)

宗形奈緒美さん

30歳

埼玉県

5.5点

(¥30,000)

市橋 咲さん

22歳

東京都

5.5点

(¥20,000)

三枝万里子さん

29歳

東京都

5点

(¥20,000)

村永奈緒さん

33歳

東京都

4.5点

(¥20,000)

仲谷 茜さん

25歳

神奈川県

4.5点

(¥10,000)

齊藤洋輝さん

15歳

神奈川県

3.5点


評価の内訳(10点満点)は下記の通りです。
※採点は柳内。添削はキャリア3年以上のナレーターにお願いしました。

【5.5点】

2名

【5.0点】

1名

【4.5点】

9名

【4.0点】

19名

【3.5点】

113名

【3.0点】

219名

【2.5点】

210名

【2.0点】

84名

【1.5点】

6名

【判定不能(再生不可)】

2名

 

総 評

一次選考通過者は19名、二次選考通過者は7名、
最終選考には5名が残りました。

今年も沢山のご応募を頂き、有難うございました。
今回は返信用封筒が入っていなかったり、入っていても切手の貼り忘れが
あったりというような、応募の不備が目立ちました。
また何も録音されていないCDも何枚かあり、再録音をお願いしました。
作品を録音、郵送される際には慎重なチェックが必要ですね。

内容に関しては、活舌などの基礎力不足は今年も目立ちましたが、
それ以上に、書かれた文字をただ声を出して読んでいるという方達が多かった。
もっと聞き手を意識して、書かれている「内容」を語りかけることを大切にして下さい。
例え活舌が悪くなく、訛りなどが出ていなくても、
語りかけ、伝えようとする姿勢が見られない作品が高得点を取ることは難しいと思います。
課題の何を伝えるのか?その為にはどう表現(誰かのマネでない)すれば良いのか?
という取り組み方を忘れずに、益々精進されることを期待しています。

次回は、2018年度の第21回になります。
多数のご応募をお待ちしています。

文責 柳内敏一

結果の発送についてのお知らせ

ご応募頂きました方への個別の結果発表につきましては、
7月13日に発送させて頂きますので、
順次到着をお待ちいただくようご了承お願い致します。