アクセント http://aksent.co.jp:声優ナレータープロダクション

Home > ナレ—ションコンテスト > 第19回アクセントナレーションコンテスト 審査結果発表

第19回アクセントナレーションコンテスト 審査結果発表


第19回アクセントナレーションコンテストには、718通のご応募がありました。
多数のご応募、ありがとうございました。
今回入賞されたのは下記の皆さんです。

受賞者年齢地域点数

金 賞

該当者なし

 

 

 

銀 賞

該当者なし

 

 

 

(¥30,000)

後藤美沙子さん

28歳

東京都

6点

(¥20,000)

坪倉賢太郎さん

29歳

東京都

5.5点

(¥20,000)

茂垣周平さん

25歳

東京都

5.5点

(¥20,000)

山田唯菜さん

21歳

東京都

5.5点

(¥20,000)

恒松奈央さん

25歳

東京都

5.5点

奨励賞

該当者なし

 

 

 


評価の内訳(10点満点)は下記の通りです。
※採点は柳内。添削はキャリア3年以上のナレーターにお願いしました。

【6点】

1名

【5.5点】

4名

【5.0点】

2名

【4.5点】

6名

【4.0点】

31名

【3.5点】

92名

【3.0点】

261名

【2.5点】

231名

【2.0点】

89名

【判定不能(再生不可)】

1名

 

総 評

一次選考通過者は9名、二次選考通過者は7名、
最終選考には5名が残りました。

今年も沢山のご応募を頂き、有難うございました。
例年のように気になった点を申し上げると、やはり活舌の問題を抱えた方が多かったです。
甘い活舌については、ご自分で気付いておられる方が多いのではと思われるので、
根気強く修正していく努力をして下さい。せっかく気持ちのこもった読み方が出来ていても、
活舌が甘くなると減点の対象になります。アクセントの間違いにも同じことが言えます。
コンテストに応募する以上は、普段そう読んでいるからなどと安易に考えず、
面倒臭がらずに必ずアクセント辞典などで正解を確認してから録音することが大切です。
時間をかけて細心の準備をすること。そして聞き手をイメージして、その人に作品の内容を
しっかりと届ける意識を持って録音に臨んで下さい。
来年のご応募もお待ちしています。

文責 柳内敏一